31年目の夫婦げんか

心と身体

メリル・スリープが可愛い。「幸せは求めるものでしょ。結婚したからとか子供が出来たからとか子供が独立したからとかいつも何かを楽しみにするものよ」「ある日その楽しみがもうないことに気づく」「でも私はこのまま下り坂は嫌だったの」関係の冷めきった熟年夫婦が愛を取り戻す為に奮闘するという内容。

「31年目の夫婦げんか」2013公開 Amazonプライムで見ました。うまく行っていると考える夫と、変えたいと思う妻。1週間の滞在型カウンセリングに参加。こんなこと言われたら、こんなことされたら怒るでしょ!っていうことにも妻はグッと堪えている。きっと夫は変わってくれると信じているのでしょう。その健気さが多分愛なんでしょうね。今ならすぐ熟年離婚になるのかも知れませんが。最終的に変わった夫に「あなたと余生を考える時残念なのはあまり長くはないこと。共に次の一章を描いていきたい。共に慈しむことができるように」結婚29年目で夫婦二人になった私たちにとってドンピシャな映画です。決して平坦ではなかった結婚生活ですが「離婚」を考えたこともあります。今回一人で観ましたが夫と見ても良かったかなと思います。世間では熟年離婚とか子育てロスとか聞くこともありますが、いろんなことを一緒に乗り越えてきたから分かり合える今があるのかなと。今はとにかく夫がいてくれて幸せです。「共に慈しむ」いい言葉ですね。

最後まで読んでくださりおおきにです。

 

タイトルとURLをコピーしました