長男、入籍します

家族

結婚を前提に同棲を始めた長男。彼女のご両親に挨拶に行き、了承されれば結婚したいと数ヶ月前に連絡がありました。少しの寂しさと大きな喜びを感じ、良かったねと返信しました。改めて考えるとコロナ禍の結婚、結納や結婚式、新婚旅行どうするんだろう。コロナ関係なく息子の場合、そんなに密にコンタクトを取らないのでその辺のところが分かりません。次男は時々訪ねてくるので、彼女と結婚となるとどうしたいか聞いてみました。式はせず、海外に新婚旅行に行き、プロのカメラマンに写真を撮ってもらう。親戚、友達は来たい人だけ来てもらう。あとは後日二次会のようなパーティーをやってもいいかな、と言っていました。

長男から私たちにも挨拶したいと連絡あったのはつい先日。恵比寿ガーデンプレイスタワー38Fの眺望の良いステーキレストラン、KINTANで食事をしました。写真で拝見していたのですが可愛くて落ち着きのあるとてもいい感じの彼女でした。結婚式などはせず入籍のみにするとの申し出が。ほんとうにいいですか?と彼女から確認が、『私は二人が良くてそれで幸せなら何も言うことはないよ』と伝えました。

和装撮影、ロケ写真などを手がける華雅苑(かがえん)さんの100 人に聞きました!によると、結婚式は挙げますか?4割のカップルが結婚式を挙げないという結果がでています。そして、挙げる予定の方は、3割弱。検討中が3割という結果です。結婚式を挙げない派の方の中にも、コロナウイルスを心配している声も有りましたが、「金銭面の心配」や「結婚式の必要性を感じない」という意見が多く挙げられました。 結婚式を挙げる派の皆さんは、意外なことに「両親の希望で結婚式をする」という意見が多数ありました。

彼女がほんとうにいいですか?と聞いた理由がわかった気がしました。結婚式は育ててくれた両親やお世話になった方々に感謝を伝える機会でもあったり、夫婦になるというけじめだったり自覚、責任だったり、重要な意味があると思います。ちきさん夫婦も28年前にホテルで多くの方々を招いて結婚式、披露宴を行いました。それに向けて仕事の合間を縫って打ち合わせを重ね、結納からホテルとの打ち合わせ、新婚旅行の予定まで。忙しすぎて幸せを噛み締める暇もないほど。それが当たり前の時代だったんですよね。コロナを境にいろんなことが大きく変わってきているのを感じずます。どんな形であれこれから夫婦になる二人にとにかく幸せになってほしい、ただそれだけを願っています。

本日も最後まで読んでくださっておおきにです。

タイトルとURLをコピーしました