次男がNISAに興味持つ

家族

25歳次男がようやくNISAに興味を持ってくれました。彼女と同棲することになり将来への目標ができたのでしょうか?

つみたてNISAは2018年にスタートした少額からの長期、積み立て、分散投資を支援するための非課税制度です。24歳の息子がつみたてNISAにようやく興味を持った!彼女との同棲で人生の目標が決まった?に住む20歳以上、1人1口座、毎年上限40万円、投資可能期間最長20年。ざっとこんな感じ。

このNISAの制度を知ったきっかけは銀行にいった際に見たパンフレットでした。2014年にスタートしたNISAですが、この時投資先に悩んでいた私は、銀行の窓口で相談しNISAの口座を銀行の窓口で開設しました。本人確認書類などを提示しNISA口座開設書類の記入など時間がかかったと記憶しています。その後じわじわと利益が出ていたので、夫にも勧めて口座を開設。つみたてNISAの制度ができたのを知り、息子たちにもと考えました。22歳の息子に説明してもピンとこないのか、目的のない貯蓄には興味がなかったのでしょう。とりあえず窓口まで連れていき手続きさせました。月2万円ずつ、これくらいなら私のお給料から出せる。(ちなみに当時24歳の長男にも同じようにしてやりたかったのですが、窓口に連れて行くことが叶いませんでした。)社会人なったところだったので、余裕ができれば残り枠は自分でやればいいと考えていました。今から約2年前(2019年5月)話のです。2万円×26ヶ月=52万円。

それから2年あまり経ち、25歳息子から連絡がありました。つみたてNISAに10万円以上の利益が出ている。今まで投資状況の確認をしていなかったようです。残り枠を自分で積み立てたいとの申し出が。何を買えば良いかアドバイスを求めてきたのです。給料のほとんどを自分への投資と考え幅広くいろんなことを楽しんでいる息子でした。若いうちにしかできないこともあるのでそれも大事だと思っていました。この夏から彼女と同棲をするというタイミングだったので目的が見えてきたのか、貯蓄や投資は目的があってのことだと思います。

 

積み立て中のファンド(三菱UFJ銀行)

  • つみたて日本株式(日経平均)10,000円
  • つみたて8資産均等バランス 10,000円

新たに加えたファンド

  • つみたて先進国株式 13,333円

売買手数料についても調べました。銀行は、特に窓口に行くのは手数料が高いというイメージがあります。つみたてNISAに関してはそんなことはないようです。投資信託にかかる諸費用は、購入時・運用期間中・換金時にかかるのが一般的です。しかし、つみたてNISAはノーロードと言って手数料無料。信託報酬の上限はインデックス型投信の場合、国内0.5%(税抜き)海外および国内外が0.75%(税抜き)アクティブ型投信では国内1.0%(税抜き)海外及び国内外1.5%(税抜き)信託報酬が低い商品に限定されています。従ってNISAは税制優遇だけじゃなく、売買・販売手数料の点でも有利になっています。

投資は自己責任でと聞きます。色々息子と話しましたが、あとは自分で決めなっと言ったら上記のにしたと連絡がありました。約18年後、息子は43歳、いいおじさんですね。

今はネットで手続きできる証券会社がたくさんありNISA取扱商品も豊富になっています。私も主人も今はSBI証券で運用しています。長男もYouTubeで勉強したらしく積み立てNISA始めたようです。始めるなら早くと思ってましたが自主的に始めてくれるのは大いに歓迎、良かったです。世界の動きや経済にも目が行くので勉強にもなります。私たちも少しでも豊かな老後に向けて勉強と投資を続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました